ホーム>マスターのコーヒー教室|珈琲通販ミセスコーヒー>2013年3月

2013年3月

おいしいコーヒーは・・・

喫茶店を数店舗経営しているA氏が、言っておられました。

「自分は、今までにたくさんのコーヒー関係者と会ってきたが、コーヒーのことについて述べている事が全員違っていました。」

「それぞれに、自分が納得した、コーヒー豆を、焙煎度合いを、粒の挽き具合を、抽出の温度を、保存の方法を持っている。」

私も

経験から、コーヒーの抽出は、コーヒーメーカーを推奨。細挽きを推奨。常温での保存を推奨。

焙煎度合いは中深焙煎を推奨しています。

おいしいコーヒーは人それぞれなのかなぁ・・・

ただし、新鮮な豆であること。これはどなたにも言えることだと思っています。

「セラード」というブラジルコーヒー

世界中に、いろんなコーヒー豆があります。

各国の農園の人たちは、品質の良いおいしいコーヒー豆を輸出しなければ、外貨の獲得が出来ないと理解し始めているようです。

近年、どこの国のコーヒーでもおいしくいただけるようになってきました。

40年近く前。私が初めてコーヒー豆の焙煎を始めたころ。ブルーマウンテンのおいしかったこと。今でもはっきり覚えています。

ところが、コクのある香りの良いおいしいコーヒー豆を作って外貨を稼ぐような考えが強くなってきている今、優良なコーヒー豆がたくさんあります。

中でも、「セラード」です。ブラジルサントスですが、セラード地方で収穫されたコーヒー豆を「セラード」と呼んでいます。

飲みやすく、香りよく、甘苦いコーヒー豆です。何杯いただいても胃への負担は、ありません。おすすめのコーヒー豆。私が好んでいただくコーヒー豆です。

ページ上部へ