ホーム>おいしいコーヒーの淹れ方

おいしいコーヒーの淹れ方

私は、細挽きをオススメします。この道30年の経験からです。

コーヒー豆はあたらしい、ヤキタテを使いましょう。

コーヒー豆はあたらしい、ヤキタテを使いましょう。
粉がカニのように膨らみます。

おいしいコーヒーの淹れ方 おいしいコーヒーの淹れ方 例えば水を砂利(左側の絵)に注ぐと素早く下へ落ちていきます。砂(右側の絵)だと注がれた水はゆっくりと下へ落ちていきます。コーヒー粉の場合も同じで、荒挽きだと注がれたお湯はさっと落ちてしまいます。ウスイコーヒーになります。
細挽きだと注がれたお湯はコーヒーの粉に十分に染み渡り下へ落ちていきます。コーヒーの味が十分に引き出されます。私は細引きをオススメします。そしてコーヒーの抽出にはコーヒーメーカーを推奨します。これも私の経験からです。今のコーヒーメーカーはとても精巧に出来ています。

コーヒーメーカーでの淹れ方

私の持論です。皆様に押し付ける訳ではありませんが…。30年間コーヒーの仕事をしていての結論です。
コーヒーメーカーを使って下さい。コーヒーメーカーはとても精巧に出来ています。
コーヒーの抽出にはとても細いお湯を、それも95度くらいのお湯を少しづつコーヒー粉に注いでやらねばなりません。
僅か2~3人分のコーヒー粉に対してヤカン(ポット)を使って、手でコーヒーを抽出するのは至難の技です。
コーヒーメーカーをオススメします。
又、保存については密封ビンに入れて常温でお願いします。冷蔵庫はオススメ出来ません。
冷蔵庫から出したコーヒー豆は温度が下がっていて、95度のお湯も結果として85度前後のお湯になってしまいます。
コーヒーの抽出には適さないお湯の温度という事になります。

コーヒーの粉の荒さについては、細挽きをオススメします。

粉が荒いと、お湯の落ちるのが早く、コーヒーの味が十分に引き出せません。荒挽きをススメテいる方は、「コーヒーの粉が細かいと、コーヒー豆の雑味が出る」と言っていますが、そもそも良質なコーヒーの豆には雑味はありません。お湯がコーヒーの粉に十分に染み渡る、細挽きをオススメします。

コーヒーメーカー豆

例えば、コーヒー粉20g(調理秤できちんと計量)水を300ccコーヒーメーカーのタンク内に入れる。
ここで注意!計量スプーンを目分量でコーヒー粉の量を決めない!
コーヒーを淹れる時は「気」をしっかりと、おいしいコーヒーを淹れるんだという思いをきちんと持った上で、料理をする気持ちでコーヒーを立てて下さい。

「おいしいコーヒーの淹れ方」動画は↓↓↓下にYOUTUBEがあります。ご覧ください。

ページ上部へ